2017/07/24 22:30

35歳以上で出産した約半数が子育てと親の介護の「ダブルケア」を経験

出典:https://www.shutterstock.com

「ダブルケア」という言葉をご存知でしょうか?

ダブルケアとは育児と親の入院を要する病気やケガ、あるいは介護が同時期に必要となる状況です。

ただし、出産年齢が上がりつつある現代において、それ自体は決して珍しいことではありません。

第一生命経済研究所の上席主任研究員、北村安樹子さんが執筆したレポート『晩産カップルにおける子育てと親の健康・介護問題』において、妻が35歳以上で出産した40〜50代の男女3,000人に調査したところ、約半数がダブルケアを経験したと答えています。

改めて見ると、ダブルケアに直面するのはかなり高い確率と言えるでしょう。35歳で子どもを産み、かつ家族を介護したことのある筆者が、ダブルケアに備える必要性を説明します。

4人に一人が子どもが小学生以下の時期にダブルケアを経験

“育児だけでも大変”と言われているなか、介護も加わるとなると家庭にはかなりの負担がかかります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >