2017/10/31 22:30

これだけは知っておいて!【豊島区】の子育て支援おトク制度まとめ(超基礎編)

source:https://www.shutterstock.com

日本で最も人口が多く、たくさんのママが住んでいる東京都。

そんな東京23区の子育て支援情報を紹介するシリーズで、前回は千代田区をご紹介しました!

今回は東京23区の西北部に位置する豊島区。

JR、東京メトロ、私鉄が縦横無尽に走っているため、交通の便がとても良く、都心へのアクセスも良好です。

物価も比較的安く、生活がしやすいと最近では子育てがしやすいエリアとして人気の区になっています。

今回はそんな豊島区が、妊娠から出産、産後までどのようなサービスを提供しているのかを紹介します。

豊島区の子育ては「子育て・教育」ページをチェック!source:http://www.city.toshima.lg.jp/

豊島区の妊娠から出産、産後についてのサポート情報は区のホームページの「子育て・教育」ページに集約されています。

区内の保育園状況など、最新情報も随時更新しているので産後の保活情報などもチェックしておくと良さそうです。

妊娠がわかったら「ゆりかご面接」に行きましょう!

豊島区に住民登録がある妊婦の方を対象としたプロジェクトです。

妊娠届を提出した人に対して、母子手帳と一緒にマタニティキーホルダーや、子育てに関する資料を配布するとともに「ゆりかご面接」を実施しています。

助産師または保健師の専門職員が担当なので、妊娠中の注意点や、色々な悩み相談ができます。

また「ゆりかご面接」後には、ゆりかご応援グッズが頂けます。

母子手帳ケース、または着圧ソックスといった妊娠初期に役立つアイテムのどちらか1つと、マタニティフォト撮影券か離乳食食器セットといった妊娠後期から産後に役立つアイテムのどちらか1つ、合計2つのアイテムが貰えるので、とても嬉しいサービスです。

さらに出産後は子ども家庭支援ワーカーと「おめでとう面接」を行い、産後や子育ての相談等に対応した、必要な支援の情報が確認できるほか、誕生お祝い品として、子どもにやさしい「木のおもちゃ」や「布のおもちゃ」が貰えるのでこちらもチェックしておきましょう。

詳細は、「ゆりかご・としま」のページを確認してください。

国・東京都の助成制度・豊島区の助成内容

今回は国・東京都が定めた代表的なサポート制度の概要と、豊島区でのサービス内容(1)妊婦健康診査、(2)子どもの医療費助成、(3)認証保育所利用者に対する保育料負担軽減補助(4)私立幼稚園園児保護者への各種補助金の4つを紹介します。

(1)妊婦健康診査

豊島区では検査費用の一部を助成する制度があります。

妊娠が確定し母子手帳交付後の1回目の健診と、その後の2~14回目の健診、超音波検査1回分、

妊婦子宮頸がん検診1回分の費用の一部を助成しています。

詳細は、「妊婦健康診査」のページをご確認ください。

(2)子どもの医療費助成

赤ちゃんが生まれてから15歳になった最初の3月31日まで、医療費を助成する制度です。

東京都では0~6歳までの「マル乳(乳幼児医療費助成制度)」、と6~15歳までの「マル子(義務教育就学児医療費の助成)」に分かれています。

以下の項目等が助成対象です。

・保険診療の自己負担分
・はり・きゅう・あんま・マッサージの自己負担分
・接骨院や接骨院での診療の自己負担分
・補装具等の購入費の自己負担分
・入院時の食事負担金(マル乳のみ)

豊島区では、保険診療の自己負担分が助成されます。(ただし、他の医療費助成制度による医療費助成が受けられる場合はその制度を優先し、なお残る自己負担分を助成します)

詳細は、「子どもの医療費助成」のページをご確認ください。

(3)認証保育所利用者に対する保育料負担軽減補助

保護者が支払う認証保育所保育料の額から、認可保育所に入所していたならば支払う想定の保育料の額を差し引いて得た額を1,000円単位で補助してくれます。

source:http://www.city.toshima.lg.jp/

詳細は、「認証保育所利用者に対する保育料負担軽減補助」のページをご確認ください。

(4)私立幼稚園園児保護者への各種補助金

私立幼稚園を検討しているママにも嬉しい補助制度があります。

・入園時補助金
入園時補助金として、一定の所得までの方を対象に、入園料の一部を補助してくれます。

・園児保護者負担軽減補助金
保護者の保育料支払の負担を軽減するための補助金です。

・就園奨励費補助金
保護者が納入した入園料及び保育料の一部を補助してくれます。

家族の所得や家族構成により補助額が異なるため、 詳細は「私立幼稚園園児保護者への各種補助金」のページをご確認ください。

出産・子育ての情報満載!「としま見る知るモバイル」source:http://www.city.toshima.lg.jp/

子ども1人ひとりに合わせた予防接種スケジュールの管理や、各種健診・イベント案内・流行疾患情報を配信します。

子育ての行政サービスなどイベント情報も配信しているので登録しておくと便利ですよ!

いかがでしたか?

区によって、受けられるサービスは違うので、自分の住んでいる自治体の制度をしっかり調べ、受けられるサービスや使える制度はたくさん使いましょう。

浮いたお金で子どもにおもちゃを購入したり、家族旅行などの娯楽に上手く回すことが出来ますよ。

上手に活用してマタニティライフや育児を楽しみましょう!

※本記事で掲載する情報は、すべて2017年10月31日時点のものです。制度内容が今後変更される可能性もあるため、しっかりと自治体ホームページの最新情報を確認してください。

【参考・画像】
※ 「子育て・教育」 – 豊島区ホームページ
※ Evgeny Atamanenko / Shutterstock

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >