2017/09/17 22:00

【2歳】パパとの絆が重要?「パパっ子」になりやすい育て方

出典:https://itmama.jp/

“イクメン”や“ワーママ”という言葉はよく聞きますが、”イクママ”、”ワーパパ”という言葉は聞きません。

それと同じように、実際には、“ママっ子”の方が断然多いのに、言葉としては”パパっ子”の方をよく耳にします。

では、“パパっ子”とはどういう状態を指すのでしょうか?

この記事では、パパの存在が大きくなる2歳前後の時期の父親のあり方について、子育て心理学の考えから見ていきます。

2歳になると、パパとの絆が出来上がっている?

まず最初に、イギリスの心理学者・ボウルビィ博士が提唱した有名な「アタッチメント理論」をご紹介します。

子どもが、社会的にも、精神的にも正常に発達するためには、少なくとも一人の養育者と親密な関係を維持しなければならない。

それが損なわれる場合、子どもは社会的、心理学的な問題を抱えるようになる。

「アタッチメント」とは、人と人との“精神的な絆”のことを指します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >