2017/09/09 21:45

適当はダメ!わが子の「なんで?攻撃」へのNGアンサー5つ

出典:https://www.shutterstock.com

子どもが話し出すようになると、一気に言葉数が増えます。

そして、ほどなく“質問攻め”がはじまります。忙しいときに、一日中ついてきて質問されたらウンザリしますよね。

そんなとき、つい子どもの質問に適当に受け答えしたり、流したりしていませんか?

今回は、子どもの質問へのNG対応をお伝えします。

「なぜ? どうして?」いつから始まり、いつまで続く!?

心理学者のシュテルンによると、1~2歳頃は「これは何?」という身の回りのものの名前を知りたがる“第一質問期(命名期)”です。まだこの段階では、話すのもままならないので質問は少ないです。これが終わる3~6歳に見られるのが「なぜ? どうして?」をくり返す“第二質問期”(※1、2)。

質問攻めをしてくるということは、子どもが、次の発達段階に上がったことの証です。順調な成長ぶりを喜びましょう。

いつまで続くのか気になるところですが、一般的に質問期は6歳頃には徐々に収まってくる傾向があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >