2017/09/19 22:00

【2歳~】ママの「赤ちゃん言葉」は子どもの教育に悪影響!?

出典:https://www.shutterstock.com

0~1歳の赤ちゃん時代を過ぎ2歳頃になると、少しずつ“カタコト”の言葉を覚え始めます。

子どものたどたどしい言葉も聞いているだけで可愛くて胸がキュンとしますね。

それと同時に、そろそろ“言葉の教育”も気になってきます。実は、この時期は幼児教育の観点でも親の働きかけが大切なのです。

そこで今日は、教育コンサルタントで教育業界に10年以上携わっている筆者が、家庭でできる“2歳児の言葉遣いの教え方”について説明していきたいと思います。

「言葉遣い」はいつから教育できる?

ズバリ、0歳です。

子どもは産まれた時からお母さんの声を聞くことを始めています。(※1)

そのため、正しい音声を聞かせることが、言葉の教育の第一段階といえます。

世界中の言語にはそれぞれに特有のリズム感や音声イントネーションがあります。赤ちゃんは、お母さんを含める身近な家族の話す言葉から、母国語のリズムやイントネーションを習得していきます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >