2017/10/03 22:00

「一」←何て読むの!? 人生で出会った「読めない珍・名字」10選

出典:https://itmama.jp/

筆者が体験したエピソードをお話します。

先日、仕事上で名刺交換をしたのですが、その方の名前が読めなかったんです。

筆者の名字は“青木”と全国どこにでもいる名字ですし、何のひねりもない読み方なので間違われることは全くありません。

しかし、珍しい名字の方はきっと初見でちゃんと読まれることは珍しいのではないでしょうか?

そこで今回は筆者の勤め先の同僚やママ友に、人生で出会った読むのが難しい名字と、その方とのエピソードをご紹介します。

これは読めない!? 「読むのが難しい名字」10個

出典:https://www.shutterstock.com

(1)五百蔵(よろい)さん

筆者の会社の同僚が大学時代に出会った珍しい名前の五百蔵さん。

その方は兵庫県出身らしいのですが、地域に根付いた名前なのかもしれず……もしかしたらその地域の人には常識的な名字なのかもしれないなと思いました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >