2017/10/28 22:00

夫婦トラブルが起きやすい!「3つのシチュエーション」って?

source:http://www.shutterstock.com/

夫婦がギクシャクするようなトラブルが起きるときってどんなときでしょう?

例えばいつも夫の帰りが遅くて“午前様”とか、“浮気”をしたとか、家事や育児を手伝ってくれないなど、夫の行動に不満があるときや「お前なんてどうせ……」と夫から文句や不満を言われたときでしょうか。

今日は夫婦カウンセラーで1,000人以上のカウンセリング実績をもつ筆者が、夫婦トラブルが起きやすいシチュエーションについて事例を交えてお話したいと思います。

夫婦トラブルが起きやすい3つのシチュエーション

1:「相手が自分の正義に反した行動をとる」

夫が約束を守らない、家事や育児を手伝わない、部屋を片付けずだらしない、車の運転が荒くて無理な追い越しや車線変更をする……。

これらのことがあったときに、妻が怒ったり文句や注文を言ったりしがち。

もちろん逆に妻が夫に文句をつけられてそこからモメるというときもあります。つまり“自分が正しいと思っていること=正義”に対して、反撃する場合に夫婦トラブルは起こりやすいです。

2:「価値観が合わない」

例えば、子どもへの教育やしつけ方法などについて意見が合わなくてモメてしまうことってありませんか?

夫が自分の価値観を押し付けて「ああしろ」「こうしろ」と言ってきて、妻も反論してしまうと、ケンかに突入することもありますよね。

または、例えば夫がキレイ好きな場合、忙しくて掃除がおろそかになる時や整理整頓が苦手な場合(当然この逆もあります)に夫がイライラして文句を言うとき。

そんな風に相手と自分の意見や価値観が合わずに言い合いになったり、文句を言ったりというときにモメて、その後ギクシャクして夫婦トラブルへ……。

3:「自分の立場がおびやかされたとき」

例えば夫が「母親として失格だ!」「女として見れない」「お前のことは好きじゃない」などと言ってくるようなとき。

当然、そういうことを言われるとショックですし、反論や批判をしたりすることがあるでしょう。

そうしたやりとりの後は夫婦の間に“気まずさ”や“ぎこちない空気”が流れてしまいますよね。

トラブルの元はどこに!? 夫婦でできるコミュニケーション改善法source:http://www.shutterstock.com/

上記の3つは、どの家庭でもありえることだと思います。

ただ、夫婦間のどんなトラブル・ギクシャクも、それが起こるまでには“タネ”となる出来事や行動や言葉が必ずあるということ。

夫婦の間でいきなりバトルが始まったり、トラブルだけが突然起きたりとする、ということはないでしょう。必ずその“前触れや原因”となることがあります。

こういった時、まずは自分がどんなタネを蒔いてしまったんだろう? と、振り返ってみることをおススメします。

例えば「夫が浮気した……」というとき、確かに浮気をした夫は許せないと思いますが、「もしかしたら夫に寂しい思いをさせてなかったか?」とか「夫を傷つけることを言ってしまったかも?」という風に一度考えてみましょう。

そして、相手の言葉や行動に許せないことがあるときは、あなたに「こういう風に行動すべきよ!」というような自分ルールがある可能性が大です。

そうした“自分ルール”は当然、夫のルールとは違うので、そこからモメることはあるでしょう。そこで改めて「自分の中にあるルールは何だろう?」と振り返ることも必要です。

その後は、あなたの本音をまじえつつ本気でご主人と向き合ってみてください。

いかがでしたか?

もちろん自分に悪いところがあれば素直に謝ることも大切です。

気遣いや遠慮はせずに、本心を出して話しをしてみてくださいね。

【画像】
※ Roman Samborskyi、Nomad_Soul / Shutterstock

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >