2017/11/29 22:30

妊婦の約12%が発症する!? 「妊娠糖尿病」って?

source:https://www.shutterstock.com/

妊娠するとママの体には様々な変化があらわれ、妊婦特有のトラブルも発生することがあります。

その中でも特に注意が必要な病気のうちの1つが「妊娠糖尿病」です。

糖尿病は誰でも一度は聞いたことのある病気だと思いますが、妊娠糖尿病との違いはどんなものなのでしょうか。

今回は元助産師で1児の母である筆者が、妊娠糖尿病の症状や原因や、どのような人が妊娠糖尿病になりやすいかなどについてご説明していきます。

妊娠糖尿病とは?

妊娠中に初めて発見された糖代謝異常で、すべての妊婦さんのうち約12%が妊娠糖尿病と診断されます。(※1)

妊娠の早い時期に随時血糖を測り、値が高いときには「ブドウ糖負荷試験」をして診断されます。(※2)

ママとお腹の赤ちゃんにはどのような影響があるのかというと、ママが高血糖であると、お腹の赤ちゃんも高血糖になり、さまざまな“合併症”が起こり得ます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >