2017/11/10 21:00

ギャン泣きで意識を失う!? 「憤怒けいれん」の原因と対処法は?

source:https://www.shutterstock.com/

 1~2歳くらいの子どもで強く泣いたあとに息を止めてしまい、場合によっては意識を失ってしまうような状態になったという経験をお持ちのママはいませんか?

これは「憤怒けいれん」という症状です。

憤怒けいれんは別名「泣き入りひきつけ」、英語ではbreath-holding spells(一時的な息止め)といいます。

憤怒けいれんを初めて経験したママは、強い不安に襲われるでしょう。そこで、今回は小児科医である筆者が、憤怒けいれんについてお伝えします。

「憤怒けいれん」は、どれくらいの年齢の子に起こる?

憤怒けいれんは生後6ヶ月から2~3歳ごろに見られ、全体の半数が生後6~12ヶ月で発症します(※1)

新生児の発症も報告されていますが、頻度は多くありません。

憤怒けいれんの頻度は、乳幼児の数パーセントと言われています(※1)

軽症例を含めれば、比較的多い疾患です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >