2017/11/26 21:30

【小児科Q&A】卵アレルギーでも「インフルエンザワクチン」は接種できる?

source:https://www.shutterstock.com/

筆者がインフルエンザの予防接種外来をしていてよく頂く質問に、「卵アレルギーでも接種できますか?」というものがあります。

なぜこのような質問をされるかというと、インフルエンザワクチンの製造には、鶏卵が使用されるからです。

オーストラリアのコホート研究では1歳児の8.9%が卵アレルギーだと報告されており、わが国でも卵アレルギーを有する子どもは少なくありません(※1)

そこで今回は、小児科医でありアレルギー科医でもある筆者が、卵アレルギーのお子さんでもインフルエンザの予防接種ができるかどうかをお伝えします。

インフルエンザワクチンに含まれる「卵の量」はどれくらい?

先の通り、インフルエンザワクチンの製造には“鶏卵”が使用されます。

したがって日本のインフルエンザワクチンの中には、数ng(1ng=0.000000001g)の「鶏卵タンパク」が含まれています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >