2017/11/29 22:00

「第2子は凍結胚で」これってアリ…!?【妊活QA #20】

source:http://www.shutterstock.com/

私は39歳のときに長女を出産し、今は3歳になりました。ようやく手がかからなくなったので、第2子を考えています。
でも私はもう42歳、妊娠しにくい体と言えます。しかし長女を授かったときの「凍結胚」が、まだクリニックにあるのです。この凍結胚を用いての第2子を考えているのですが……。メリット・デメリット含め、ゴローさんのご意見をお聞かせください。(Kさん・42歳/会社員)

妻の不妊治療経験者で、「パパになりたい!」男たち101人の本音を聞いた『俺たち妊活部』の著者である筆者が、第2子の不妊治療を考えていきます。

凍結胚ってそもそも何?

まず「トウケツハイ?」と、あまり詳しくない読者のために説明しますね。

『元気な赤ちゃんができる本』(原利夫 著)によると、

そもそも、体外受精や顕微授精で1回に移植できる胚は原則1個。複数育った良質な胚を凍結保存しておけば、移植した胚がうまく育たなかったときに、次の治療で融解した胚を移植できるため、身体的・経済的負担を軽減できます。また、卵子の若返りはできないため、先に採卵・採精を行って胚をストックしておけば、妊娠率を保ち続けることもできます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >