2018/02/09 12:19

マツダ、中型SUV「CX-5」を刷新 エンジンに多数の新技術

CX-5(2018年3月マイナーチェンジ版)
CX-5(2018年3月マイナーチェンジ版)

 マツダは2月8日、クロスオーバーSUV(スポーツタイプ多目的車)「CX-5」のマイナーチェンジ版を2018年3月18日に発売すると発表しました。価格は、SKYACTIV-G 2.0搭載の標準モデル「20S」で249万4800円(税別、以下同)からです。

 CX-5は、同社の最上位SUV「CX-8」とコンパクトSUV「CX-3」の中間に位置する車種。2017年2月にフルモデルチェンジされました。

 今回のマイナーチェンジ版では、走行性能と燃費を向上させるさまざまな新技術を搭載したエンジンの刷新とともに、使い勝手や安全性を高める装備も充実させています。

 エンジンは、2リッター/2.5リッターのガソリンエンジンと2.2リッターのクリーンディーゼルエンジンの3種類を用意。2リッターの直列4気筒直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」は、「エッジカットピストン」「低抵抗ピストン」などの新技術を採用、上位の2.5リッターのエンジン「SKYACTIV-G 2.5」はそれらに加えて「気筒休止」技術をマツダとして初めて採用し、走行性能と燃費性能を高めています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >