2018/05/15 12:20

「ローカル私鉄が新幹線の高架線を走っている!」 もうすぐ終了「福井の珍現象」を楽しむ

えちぜん鉄道は2両編成のかわいい電車が「北陸新幹線の高架線」を走る(6月23日まで)
えちぜん鉄道は2両編成のかわいい電車が「北陸新幹線の高架線」を走る(6月23日まで)

 福井県のローカル鉄道「えちぜん鉄道」の電車が、開業前の北陸新幹線の高架線路を間借りしている……!? こんな珍現象が起きているのをご存じでしょうか。

 この珍現象は、2015年9月から始まり、2018年6月23日まで起こる限定施策。2015年の開始時は一般紙でも話題になったほどです。なぜこんな珍しい現象が起きているのでしょう。その理由はえちぜん鉄道の立体交差工事にあります。

 鉄道線路の立体交差工事は大掛かり。でも工事中も運休するわけにはいきません。そこで例えば、工事中のみ使う迂回線路=仮線を作って列車の通行経路を確保する手法が取られます。その上で元の線路に沿って高架線路を作り、完成後に切り替えます。完成後、用が済んだ仮線は取り壊されます。

 しかし、わざわざ仮線を作らなくても、仮線として使える施設が既にあるならば「それを借りちゃえばいいんじゃない?」という事例もわずかながらあります。仮線が借線、そんなの貸せんなんてダジャレか。いや、真面目な話です。過去に東海道新幹線の高架施設を阪急電鉄京都線が借用した例がありました。東海道新幹線を建設するときに、併走する阪急電鉄京都線の線路も高架化することになりました。1963年、完成はしていたがまだ開業していなかった東海道新幹線の高架線を阪急電車が借りて運行しました。新幹線の高架上にちゃんと阪急電鉄の駅を作って運行したのですね。「東海道新幹線の線路で最初に営業運転した電車は、阪急列車だった」というトリビアは覚えておいて損はないでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >