2018/05/18 12:18

どこが変わった? マツダ、小型SUV「CX-3」をリニューアル 新開発のクリーンディーゼルを採用

マツダ「CX-3」(2018年5月マイナーチェンジ版)
マツダ「CX-3」(2018年5月マイナーチェンジ版)

 マツダは5月17日、クロスオーバーSUV(スポーツタイプ多目的車)「CX-3」のマイナーチェンジ版を発表しました。同日から予約受付を開始、5月31日に発売します。価格は、SKYACTIV-G 2.0搭載の標準モデル「20S」で212万7600円(税込、以下同)からです。

 今回のマイナーチェンジ版では、新たに開発された1.8リッターのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」や、マツダが次世代車種に向けて開発を進める車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」の一部を先行して採用し、ユーザーが日常的に使うシーンで「乗員の感覚と一体となった走行性能」と「環境、安全性能」をこれまでのモデルより高めたとしています。

 車体はSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTUREに沿い、サスペンション、シートウレタン、新開発のタイヤ、エンジンで効率的な車体制御を行う「G-ベクタリングコントロール(GVC)」などの電子制御装置の設定を刷新。クルマを操る楽しさを追求しながら、乗り心地と静粛性の向上も図りました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >