2019/02/19 12:04

乗員最大17人、セミボンネットデザインに 海外向け「ハイエース」がでっかくモデルチェンジ

デザインがかなり変わった海外向けの新型「ハイエース」
デザインがかなり変わった海外向けの新型「ハイエース」

 トヨタ自動車は2月18日、商用バン「ハイエース」の海外向け新シリーズをフィリピンで発表しました。

 ハイエースは、貨物車やコミューターとしての用途の他、福祉車両や救急車のベースになったり、個人でも車中泊や競技用バイクの運搬用といったスポーツやアウトドアを楽しむためのクルマとして使われたりと、幅広い用途で活用される車種。海外でも同様に使い勝手の良さや耐久性の高さに定評があります。

 今回の新型ハイエースは海外新興国向けに開発。物流の需要だけでなく、送迎、観光、乗り合いバスといった乗客の輸送も重視した設計としました。そのためシリーズには「バン」の他に、人を乗せる用途に特化した「コミューター」と「ツーリズム」を設定しています。

 新型は、ボンネットが前に出たセミキャブオーバー型のボディーを採用しました。デザインイメージはこれまでのハイエースバンからかなり変わりますが、車内スペースは従来型から50センチ以上延長され、全長もショートボディータイプで5265ミリ、ロングボディータイプで5915ミリと大きくなります。そしてボディー拡大の効果は大きく、「コミューター」タイプではクラス最大の17人乗りを実現しました。もはやマイクロバス並みです。

 全幅もショート、ロングボディーともに1950ミリと大型サイズ。参考までに、日本市場向けの現行ハイエースバン スーパーGLは全幅1695ミリ、同ワイドボディーモデルで1880ミリ。幅2メートル近くとなると日本の道路ではかなり気を使う大サイズですが、海外モデル/新興国市場の道路事情や利用シーンに沿ったサイズアップといえそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >