2019/02/26 20:24

「こんなの○○じゃない!」 まったく別物に変わっちゃった名車・迷車5選

新型スープラは、旧型への思い入れが強すぎるファンから「#こんなのスープラじゃない」という声も
新型スープラは、旧型への思い入れが強すぎるファンから「#こんなのスープラじゃない」という声も

 2019年1月、コンセプトモデル、カムフラ版、チラ見せ版……何度もじらされたトヨタの新型スポーツカー「スープラ」が発表されました。

 うぉぉぉぉ! と復活を喜ぶ声から、ひとまずどんなカタチで仕様なのかをチェックした人が多かった一方で、旧型への思い入れが強いファンからはついつい「#こんなのスープラじゃない」なんて声も。そして、「いや待て落ち着け。これなんかもっとすごかったんだぞ」と、なぜか「こんなの○○じゃないクルマ大喜利」が開幕していました。

 そう、“モデルチェンジでイメチェン”などの域を超えた「同じ名前だけどまったく別物」なクルマも各メーカーに存在します。今回はそんな不思議な運命をたどった「名(迷)車」を5つ紹介します。

●【1】若者御用達のスポーツクーペは普通のセダンに トヨタ「カローラレビン」

 「カローラレビン」と聞けば、あの名車を思い浮かべる人が多いでしょう。

 カローラレビンは、国民車「カローラ」のスポーティー版。有名すぎる名車「ハチロク」「ハチゴー」の4代目(AE86/85型)まではFR(フロントエンジン・リアドライブ)のスポーツ車として、今なお支持されています。続いて、FF化され、バブル期の流行を受けてデートカー方向にちょっぴりと変わった5代目(AE92型)も“ミニソアラ”などとしてヒット。安く、パーツも多く、ヒュンヒュン走って、MTも普通にあって、いじれて遊べる若者のためにあったような名車でした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >