2017/11/29 11:00

認定NPO法人フローレンスが業界初5万件の病児保育実績を達成

日本初の訪問型病児保育をスタートし12年

認定NPO法人フローレンスは、病児保育実績が保育業界で最多となる累計50,000件を突破したことを発表しました。フローレンスは12年前に、訪問型病児保育を日本で初めてスタートしました。

仕事と育児の両立における不安要素を解決

子育て中の多くの保護者の悩みが、子どもが病気になったときのことです。保育園では37.5°C以上の熱がある子どもの預かりができないため、働きながら子育てしている親は看病のために仕事を休まないといけません。

フローレンスでは、仕事と育児の両立における不安要素を解決するために、2005年に日本初の「訪問型病児保育事業」をスタートしました。病児が安心して保育を受けることができ、首都圏を中心に利用され、累計保育実績50,000件を突破しています。

当日依頼に100%対応

フローレンスの訪問型病児保育は、当日の朝8時までの依頼に100%対応しており、研修を経た病児保育スタッフがかけつけます。保護者の帰宅までお子さんをお預かりし、女医による往診やかかりつけ医への受診も行っています。

参考サイト

認定NPO法人フローレンス プレスリリース(PRTIMES)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >