2017/12/02 11:00

「クラシエ 子どもとおかしのアンケート」第2弾実施

子どもの創造力を育む

クラシエフーズ株式会社は、3歳から9歳までの子どもとその母親400組を対象に、「クラシエ 子どもとおかしのアンケート」第2弾として、「親と子のコミュニケーションに関する意識調査」を実施しています。

クラシエフーズは、子どもの豊かな創造力を育むおかし「知恵菓子(R)」シリーズを現在24種類発売しています。

親子のコミュニケーション

普段子どもと一緒に行うことを母親に質問したところ、「食事をする」(98.3%)、「お風呂に入る」(90.8%)、「買い物へ出かける」(83.8%)、「おやつを食べる」(72.0%)との回答が上位でした。「おやつを食べる」と回答した人は72%と、おやつを親子で一緒に食べることが日常的に親子のコミュニケーションとなっていることが伺える結果となりました。

母親が育児で苦労していること

育児で苦労していることを母親に尋ねたところ、「子どもと遊ぶのが疲れる」(46.8%)が第1位となり、「家事の負担が多い」(42.5%)、「金銭面」(32.3%)を上回る結果となりました。

また、親子で一緒にやりたいことを質問したところ、子どもの44.5%が「ごっこ遊び」をやりたいと回答する一方で、母親で「ごっこ遊び」をやりたいと回答した人は16.8%で、大きな開きが見られました。さらに、母親の約3割が子どもとの「ごっこ遊び」は「10分未満しか続かない」と回答しています。

参考サイト

クラシエフーズ株式会社 プレスリリース(PRTIMES)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >