2017/11/30 10:15

「食が細い」子ども、どう食べさせる?(1歳〜4歳)

チャイルド・ファミリーコンサルタント(CFC)の浅古尚子(あさこなおこ)です。夫と4歳の娘の3人家族、ワーキングマザーです。

お子さんの食事に関する悩みは、多くのママが抱えるもののひとつです。今回は、お子さんの「食が細い」ことにどう対処するかです。卒乳をして、3回食に移行すると、だんだん周りのお友達と比べて、食べる量が少ないのではないか、と気になることもありますね。

1、食べる時間を決める

まずは、朝・昼・間食・夜の食べる時間帯を決めて食べさせましょう。また、ほしがるままにお菓子やミルク、ジュースなどをあげていると、食事の時間にお腹がいっぱい…ということも。まずは、時間を決めて、その間はできるだけ遊びなどに集中して間食をしないように心がけてみてください。

2、食べられる量だけを出す

その子が食べきれる量をお皿に載せてあげましょう。ちょっと少なすぎるくらいでもかまいません。そして、子どもが食べきれたら「今日は全部食べられたね」「お皿ピカピカだね」といったポジティブな言葉がけをしましょう。子どもはまだ「全部食べられるのが良いことだ」「たくさん食べた方が大きくなれるのだ」という概念がありません。「昨日よりたくさん食べられたね」と言葉がけをすれば、「そうか、自分は食べきることができるのだ」という自信もつきますし、食べきることが良いことなのだとだんだん認識できるようになってきます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >