2017/12/18 11:00

多嚢胞性卵巣症候群、不妊治療で出産後は放置してよい?

多嚢胞性卵巣症候群による排卵障害があり、不妊治療で第1子を出産、現在も第2子を望み不妊治療中のママからの相談です。第2子が生まれた後は妊娠を望んでいないようですが、そのような場合は生理不順の治療はもう行わず放置しておいてよいのでしょうか。専門家の意見を聞いてみましょう。

産後6カ月のママからの相談:「生理不順を放っておいても大丈夫?」『20代前半から生理不順になり、30代前半で不妊治療を行い、妊娠に至りました。生理不順の原因は、多嚢胞性卵巣症候群という排卵障害でした。現在は2人目を妊活中で、同じく不妊治療をしております。2人目を授かった後は、子どもを作る予定はありません。若い頃は、将来出産するためにとピルを処方してもらい、ホルモンを安定させていましたが、2人目を出産した後に、また生理不順になってしまった場合は、放置しておいてよいのでしょうか。(30代・女性)』

妊娠を望まなくてもホルモンバランスは大切

妊娠を望むかどうかにかかわらず、女性ホルモンが低下した状態を放置すると、更年期障害や骨粗しょう症、精神的に不安定になるといったリスクが考えられます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >