2017/12/12 11:00

『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』出版

子どもが欲しいのに持てなかった人の本音を明らかに

株式会社主婦の友社は、『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』を2017年12月6日に出版しました。

本書は、不妊や病気、仕事、家庭、タイミングなどが原因で、子どもが欲しいのに持てなかった100人以上の本音を明らかにした初めての書籍です。

子どものいない女性は3人に1人

子どものいない女性は3人に1人と新たな大人の時代になってきていますが、今なお「結婚⇒妊娠・出産⇒子育て」がスタンダードだという風潮があります。実情として、政府のワークライフバランスも「結婚⇒妊娠・出産⇒子育て」が軸に考えられています。

これまで子どものいない人の本音が表に出ることは多くありませんでした。それは、あまりにもセンシティブな問題と考えられていたからです。

自分らしく生きていくヒントが見つかる一冊

本書は、自身も病気で子どもを諦めた経験を持つ著者が、子どもが欲しいのに持てなかった100人以上に取材やアンケートを行い、子どもがいなくて感じたことや子どもを持たなかった理由、言われて傷ついた言葉などの本音をまとめています。15人(女性13人+男性2人)の体験談や専門家、著者の提言から、これまで古い価値観に悩んでしまっていた方が、自分らしく生きるヒントが見つかる一冊となっています。

参考サイト

株式会社主婦の友社 プレスリリース(PRTIMES)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >