2018/01/12 11:00

『深い疲れをとる自律神経トリートメント』東洋医学のプロが著者

自律神経の乱れによる深い疲れが進行しているかも

株式会社主婦の友社は、『深い疲れをとる自律神経トリートメント』を2017年12月8日に出版しました。

朝すっきり起きられなかったり、めまいや肩こり、頭痛、そんな症状が常に起こっていて続いている場合は、自律神経の乱れが進行している可能性があります。今回出版された『深い疲れをとる自律神経トリートメント』は、東洋医学のプロからメソッドを学ぶことができます。

東洋医を用いたセルフケア

「自律神経トリートメント」とは、東洋医学の手法を用いたセルフケアの事です。自分に必要な動作を覚えることで、気持ちを落ち着けたり、イライラを抑えるなど、集中できる状態を自分で作ることができます。

著者の船水隆広さんは、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師として20年の臨床経験を持ち、ストレスケア、こころの病気に対する経絡治療と「さざなみてい鍼術」が専門分野です。心身健康科学修士、経絡治療学会評議員、日本伝統鍼灸学理事、日本更年期と加齢のヘルスケア学会幹事、多文化間精神医学会会員を務めています。

セルフケアを紹介

本書ではセルフケアを紹介しており、耳のマッサージや呼吸法などを具体的に紹介しています。「自律神経トリートメント」を行うことで、身体の疲れのサインに気づき、不調を改善することができます。

参考サイト

株式会社主婦の友社 プレスリリース(PRTIMES)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >