2018/01/25 11:00

排卵誘発剤を処方してもらえないケースがあるのはなぜ?

体外受精で授かった、妊娠5カ月のプレママからの質問です。体外受精に至る前の段階で、排卵誘発剤を処方してもらえなかった理由が気になる、第2子の妊活についても心配している、という悩みに対し、専門家の答えを見てみましょう。

妊娠5カ月のプレママからの相談:「生理不順の場合、排卵を促す薬は処方されないのですか?」『現在、妊娠5カ月になりますが、体外受精で授かりました。元々生理不順が酷いためタイミングが掴めず、体外受精に至りましたが、タイミング法での治療の際、排卵を促す薬は出してもらえず、それについての理由が気になります。薬は副作用が大きいからでしょうか。2人目も欲しいと思っていますが、同じようにタイミング法では難しいでしょうか。(20代・女性)』

リスクもあるため最初は使用しない方針の医師も

排卵誘発剤の使用により、多胎妊娠や卵巣過剰刺激症候群、子宮粘膜が薄くなるなどの副作用が出る可能性もあるようです。そのため、安易に使用しない方針の医師もいるという指摘がありました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >