2018/02/16 11:00

子どもの喘息、一生付き合うしかないの?

喘息で毎日予防薬を服用している3歳児についての相談です。最近医師から吸入器の購入を勧められたこともあり、このまま治らないのではないかと心配になっているようですが、医師や看護師はなんとアドバイスしているでしょうか。

3歳児のママからの相談:「一生つき合う病気なのか不安です」『生後10カ月の頃に喘息と診断され、2週間の入院をしました。現在3歳になりますが、毎日予防のためシングレアを服用しています。それでも季節の変わり目には必ず発作が起き、夜間が多いので救急にかかり、点滴を受けます。翌日診断を受け、メプチン、ムコダイン、リンデロンを処方されます。しばらくすると症状が治まるのですが、1週間経つとまた発作が起きます。身体も成長し、先日の診断にて、吸入器を購入してさらなる予防に努めましょうと言われたのですが、このままうまく病気と付き合っていくしかないのでしょうか。(30代・女性)』

コントロールのためには発作予防が大切

小児喘息のコントロールの基礎は、発作予防にあるようです。吸入器使用もその一環として勧められたのではないかという指摘がありました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >