2018/02/16 11:00

子どもの喘息、一生付き合うしかないの?

『小児喘息の多くは3、4歳頃から徐々に薬がなくてもうまく生活が出来る子が増えてきます。しかし、発作が起きないように予防対策をしっかりと講じることが大切です。(小児科専門医)』

『夜間救急への受診も何度も繰り返していらっしゃるようですし、発作予防の治療がシングレアだけでは不十分な印象があります。恐らくそういったことを加味して、かかりつけの医師も吸入器の使用を勧められたのだと思われます。吸入器を使用することで発作時にもある程度家で対応できるというメリットがありますし、シングレア以外の発作予防の薬を追加可能という利点もあります。(小児科専門医)』

『まずはいかに発作を予防できるかに主眼をおき、症状を抑えてコントロールをしましょう。(小児科専門医)』

生活の中でも発作予防を心がけて

規則正しい生活を送り、適度な運動を行い、免疫力を高める、よく手入れした加湿器を使用するなど、生活の中で発作予防のためにできることもいろいろあるようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >