2018/02/16 11:00

子どもの喘息、一生付き合うしかないの?

『季節の変わり目は、やはり喘息発作を起こすことは少なくありません。それは温度差によって体調を崩してしまったり、寒冷刺激が誘因となって、喘息様の発作を起こすからです。また疲れやストレスが溜まってしまえば、免疫を低下させることにつながりますので、夜更かしをさせずに、早寝早起きをすることも大切です。(看護師)』

『空気が乾燥することで、冬場は空気中にハウスダストや細菌、ウィルスが漂う時間が長くなってしまうため、吸い込むことで、身体が反応して咳き込む等するので、湿度なども調節する必要があります。加湿器などを使う等してください。また加湿器も手入れをしなければ器内でカビが増えてしまうため、手入れも定期的に行ってくださいね。(看護師)』

小児喘息のコントロールのためには、まず発作予防対策をしっかりすることが不可欠であるようです。小児科医師の勧める吸入器使用のほか、免疫力の低下や空気の乾燥などの要因に注意して、日常生活の中でも発作予防に努めましょう。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >