2018/03/01 20:00

動物園と伝統芸能と自然保護のコラボ!多摩動物園でイベント開催

親子で楽しく体験できるイベント

日本自然保護協会、東京動物園協会、伝統芸能の道具ラボが協力し、多摩動物公園で伝統芸能と動物たち、生物多様性と文化について、親子で楽しく体験しながら考えるイベントを3月18日に開催します。

伝統芸能と動物の深い関わり

日本の伝統芸能である歌舞伎や能には、関わりの深い動物たちがたくさんいます。今回のワークショップ&ミニシンポジウム「日本の伝統文化のなかに生きる動物たち」では、動物と伝統芸能について、楽しく体験しながら考えることができます。イベント当日には、プログラムが用意されています。

『 1.鹿おどりパフォーマンス 2.ワークショップ「シカを学んで、鹿おどり」 3.ミニシンポジウム「日本の伝統文化のなかに生きる動物たち」』

鹿おどりパフォーマンスでは、郷土芸能「鹿踊り(ししおどり)」が上演されます。「鹿踊り」は岩手県に伝わる郷土芸能です。鹿の角や馬の毛をつけた頭(かしら)と色鮮やかな衣装をまとい、自然の恵みへの感謝や、自然や命を敬う気持ちを込めて踊ります。ワークショップでは、シカの角や動物の毛に触れ、オリジナルの鹿おどりの頭(かしら)をつくり、踊りの体験をします。

ミニシンポジウムでは、伝統芸能の中から日本人の動物へのあこがれや祈りの気持ちをひもといていき、何世代にもわたって自然とその恵みを受けつぐこと、文化を受けつぐことのつながりについて考えていきます。

参考サイト

公益財団法人 日本自然保護協会 プレスリリース(PRTIMES)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >