2018/04/11 12:00

安定しない基礎体温が気になってしまう…基礎体温を計る意味は?

妊活に有効とされる基礎体温ですが、きちんと計測できているか不安になる事もあります。今回の相談者は20代の女性です。基礎体温をつけ始めたものの、体温が安定しないと言います。気にし過ぎて疲れてしまうと悩む彼女に、専門家からはどのようなアドバイスが寄せられたでしょうか。

基礎体温についての相談:「基礎体温計測の重要性について」『婦人科で勧められ、基礎体温をつけ始めて2カ月ですが、高温期と低温期で分かれてはいるものの、高温期の途中に1日だけ体温が下がったり、低温期でも暑い日には体温も高くなっていることがあります。室温が影響することはあるのでしょうか。妊娠を願うあまり、生理前の体温に敏感になり過ぎて疲れてしまいます。基礎体温を測る重要性を教えてください。(20代・女性)』

基礎体温は女性ホルモンの様子を知る目安。病気で変化することも

基礎体温は、女性ホルモンの状態を知る目安となります。

『基礎体温の計測で生理周期・排卵の有無・ホルモンバランスを知ることができ、排卵日を予想して妊娠のタイミングを計ることができます。理想的なグラフでは、低温期と高温期はきれいな2相に分かれ、低温期と高温期の差は0.3~0.5℃、高温期への移行が2日以内、低温期が10日以上、高温期が10~14日で生理が始まります。神経質にならず、1~2度測り忘れても継続しましょう。(産科・婦人科医師)』

『基礎体温は、女性ホルモンの状態を知るための目安です。女性の身体は、女性ホルモンの影響を大きく受けます。その変化によって生理周期や排卵日、身体の調子や病気の可能性などを知ることができます。基礎体温が綺麗な変化を示すには、毎日同じ環境・同じ条件・同じ体調で測定する必要がありますが、普通に生活を送っていては難しい場合もあると思います。(看護師)』

体調や環境変化の影響を受けやすい。過敏にならず全体を見て

その日や体温や環境の変化の影響を受けやすいため、全体を見て判断しましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >