2018/04/06 12:00

子宮内膜症の治療でピルを服用。妊娠への影響は?

ピルと言えば避妊薬のイメージが強いですが、子宮内膜症等の治療に使われる事もあります。数年間ピルを服用していた相談者の方は、ピルを止めてもなかなか妊娠しない事を心配していますが、ピルと妊娠の関係について、医師や看護師さん達に尋ねてみました。

ピルと妊娠についての相談:「ピルの長期服用が原因で妊娠しにくくなる事はあるのでしょうか」『26歳の頃に子宮内膜症と診断され、超低用量ピルの服用を始めました。1年で治療の必要は無くなったのですが、元々生理痛が重かったためピルの服用は2年程継続しました。 その後結婚を機にピルを止めましたが、2年ほど経っても妊娠できません。当時の医師からは「ピルを長期間服用したからといって妊娠しにくくなる事は無い」と説明を受けていたのですが、今になって不安を感じています。(30代・女性)』

ピルは不妊治療にも使われる薬

ピルは避妊の他に、子宮内膜症や不妊治療にも使われる薬のため、ピルの影響で妊娠しにくくなるという事は無いでしょう。むしろ、卵巣機能の改善により質の良い卵子が出来やすいと言われ、また生理不順の改善等にも効果がある様です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >