2018/03/26 12:00

生理痛の薬って毎回飲むと、徐々に効かなくなるの?

生理痛は、市販の痛み止め薬でもコントロールすることが出来ます。しかし、生理の度に痛み止めの薬を服用すると、徐々に薬が効きにくくなるのでは…と心配になる事があります。専門家の意見を聞いてみましょう。

20代の女性からの相談:「生理痛の薬、約1年で効果が薄れてきた。服用は控えた方が良い?」『現在学生ですが、生理痛(特に腹痛や腰痛)が辛く、最近では市販の薬を服用しています。服用を始めて約1年ですが、効力が薄れてきたように感じます。月に4日程の服用ですが、これほど早く薬に慣れる事はあるのでしょうか。今後20~30年は生理と付き合わなくてはならないのに、もう効果が切れてしまうのは困ります。服用はなるべく控えた方が良いのでしょうか。(20代・女性)』

用法容量を守った服用であれば心配なし

専門家によると、用法容量を守った生理時のみの使用で薬に慣れて効かなくなってしまう耐性ができるとは考えにくいようです。

『痛み止めを長期に渡って服用していると、薬に対する耐性ができて効き目が弱くなる事があります。鎮痛には習慣になるものもありますが、容量・用法を守っての服用でしたら心配ないですし、生理痛のように月に3日程の短期間の服用でしたら、心配ないでしょう。(医師)』

『生理痛の時だけに痛み止め等を服用することで、薬が効かなくなってくるということは考えらえません。確かに、痛み止めを長期間に渡り連続服用することで、薬に対する「耐性」が出てくることに間違いはありません。しかし毎月3~4日間の連続服用を1年間続けても、耐性が出ることはないでしょう。(看護師)』

薬が効かなくなったのは、生理痛が酷くなったせいかも…

痛み止めが効かなくなったと感じるのは、生理痛が以前より増している場合や、生理痛の原因となる婦人科系の病気がある場合が考えられます。毎回強い痛みがある場合は婦人科を受診しましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >