2018/02/21 11:00

いやいや期の我が子、どこまで叱っていいの?(対象:2歳前後)

チャイルド・ファミリーコンサルタント(CFC)の浅古尚子(あさこなおこ)です。夫、5歳と0歳の娘の4人家族です。

「うちの子、“いやいや”がすごくて、毎日叱ってばかり。疲れてしまいます…」多くの人が悩む「いやいや期」、一体どうアプローチするのが良いのでしょうか。

「いや!」と言って当たり前の時期

そもそも「いやいや期」とは、2歳前後に自我が芽生えることによって生じます。子どもは「自分に意志がある」ことに気づいた喜びから、これまで受け入れていた親の意向にあえて逆らうことが多くなるのです。発達心理学では、第一次反抗期と呼びます。親にとっては大変なこの「いやいや期」、実は、子どもの成長の証でもあります。
ですから、「急にワガママになった!」「なぜ逆らうの?!」と焦らず、「いや!と言って当たり前の時期」だと思ってどーんと構えることをオススメします。とはいえ、そんな「いやいや期」に、子どもの意志を尊重するのか、それとも叱って親の意向に沿わせたほうがいいのか、悩ましいですよね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >