2018/03/02 11:00

IoT×キッズ時計「Swing/スイングウォッチ」販売開始

クラウドファンディングで目標の845%を達成

合同会社STROKEは、子どものためのスマートデバイス『Swing/スイングウォッチ』をAmazonや自社ECサイトなどで2018年1月より一般販売を開始しました。

スイングウォッチは、昨年にクラウドファンディングサイトMakuake(マクアケ)で目標額の845%の支援を得ています。

「声」でスケジュールを教えてくれる

時間を意識して行動する能力は、習慣づけが重要です。スイングウォッチは、その日のスケジュールを記憶し、設定した時間になると子どもたちに「声」でスケジュールを教えてくれます。まだ時間の感覚がない子どもが、自分で行動できるようにサポートしてくれる時計です。

英語版も合わせて登場

スイングウォッチは、スマートフォンで予定を立て、スイングウォッチと同期すると時間になったら声で知らせてくれます。また、1日の歩数を屋内、屋外のそれぞれで記録ができるので、その日に子どもがどのように過ごしたのかを振り返ることができます。

デザインはアナログ時計の表示にこだわっており、音声で時間を教えてくれるので、時計の読み方も学ぶことができます。さらに、子どもの英語教育に活かしたいという方に向けて、日本語版だけでなく、英語版も用意しています。

参考サイト

合同会社STROKE プレスリリース(PRTIMES)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >