2018/03/13 11:00

赤ちゃんが安全に生まれる国へ。ユニセフがキャンペーンを開始

新生児の死亡に関する報告書

ユニセフは2月20日に発表した新生児の死亡に関する報告書『Every Child ALIVE』の中で、最貧諸国において新生児が死亡する数が高い数字であり続けていると述べています。また、日本で産まれた赤ちゃんは生存する可能性が最も高く、パキスタンや中央アフリカ共和国で産まれた赤ちゃんは生存する可能性が最も低いことも明らかにしました。

低所得国と高所得国の新生児死亡率

報告書によると、低所得国と高所得の国では、新生児死亡率の平均が大きく変わっています。低所得国における新生児死亡率の平均は、出生1,000人あたり27人である一方で、高所得の国々における死亡率は出生1,000人あたり3人となっています。すべての国々が2030年までに、新生児死亡率を高所得国の平均値まで削減ができた場合、1,600万人の命を救うことができます。

十分な訓練を受けた保健員や助産師が不足

新生児の死亡の80%以上は、早産や出生時の合併症、肺炎や敗血症などの感染症が原因となっています。これらが原因による乳幼児の死は、清潔な水、消毒剤、出生後1時間以内に母乳を飲むこと、出生直後の肌と肌の触れ合い(SSC)をすること、十分な訓練を受けた助産師の存在で予防が可能となっています。しかし、十分な訓練を受けた保健員や助産時が不足しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >