2018/05/09 20:00

妊娠してから痒みが止まらない…保湿をしても治まらないのはなぜ?

妊娠中、痒みに悩まされる人は多いようです。今回の相談者さんもそんな一人です。保湿ケアをしているものの、一向によくなる気配がないと悩んでいます。専門家からはどんな回答が寄せられたでしょうか。

妊娠中の肌トラブルについての相談:「保湿してもおさまらない痒み」『妊娠初期から身体の至るところが痒いです。特にお腹や二の腕、太ももは酷く、気がつけば掻きむしって真っ赤になってしまい、家族から注意されることがあります。外出時も痒くて堪らない時があります。毎日、入浴後に化粧水をつけ、保湿クリームをたっぷり塗ってケアしていますが、塗ったそばから痒くて掻いてしまいます。痒い部分が妊娠線の出来やすいところなのが気になります。このままだと妊娠線が出来てしまうのでしょうか。(30代・女性)』

妊娠性皮膚掻痒症の可能性あり。原因はホルモンバランス

妊娠中の痒みはホルモンバランスの変化が原因の場合があるようです。

『妊娠中に身体中が痒くなることを「妊娠性皮膚掻痒症」と呼びます。湿疹を伴う場合、「妊娠性痒疹」などが疑われます。妊娠性皮膚掻痒症は、女性ホルモンのバランスの変化による皮膚の乾燥が原因の一つといわれます。(看護師)』

『女性ホルモンのプロラクチンは皮膚を乾燥させ、肌荒れなどのトラブルを引き起こします。プロラクチンは妊娠初期から分泌が増え、妊娠中を通して様々な皮膚トラブルを引き起こします。(看護師)』

『妊娠線はお腹以外にお尻・太もも・乳房などにも出来る場合があります。予防にはやはり保湿ですが、妊娠線予防専用のクリームやオイルの方が効果が期待出来ると思います。(看護師)』

妊娠中は市販薬が強すぎることも。病院で低刺激のものを

肌が敏感な時期のため、通常のケアでは強すぎる場合もあるようです。病院で処方してもらうのが良いとのアドバイスが寄せられました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >