2018/04/30 12:00

添い寝卒業期のお子さん向け『スーちゃん おやすみなさい』刊行

寝かしつけを卒業したいパパママ必見の絵本

株式会社東洋館出版社は、『スーちゃん おやすみなさい』を2018年4月4日に刊行しました。『スーちゃん おやすみなさい』は、日本初の子ども睡眠コンサルタントである愛波 文さんも推薦している、添い寝卒業期のお子さん向けの絵本となっています。

子どもが暗いところをこわがる理由

子どもは2歳頃から想像力が増し、妄想と現実の違いがわからなくなることから、暗いところで寝るのがこわくなります。そのため、暗いところに慣れるためには、昼と夜の過ごし方が大切になります。

昼間は、カーテンを閉めて部屋を暗くし懐中電灯で遊びましょう。夜は、足元に暖色系の豆電球を使い、子どものお気に入りのぬいぐるみと寝るのが効果的です。

子どもの恐怖を理解してあげる

子どもの寝かしつけを卒業できないと悩むパパママは、子どもの話をしっかり聞いてあげることから始めましょう。子どもが感じている恐怖をしっかりと理解してあげて、子どもの心を満たしてあげると、安心して眠ることができます。

子どもの睡眠コンサルタント推薦

この本を推薦した愛波 文さんは、ご自身の長男の夜泣きや子育てに悩んだ経験から、子どもの睡眠科学について学び始め、アメリカで働きながら米国IMPI公認資格を取得しました。

愛波さんは現在、ニューヨークで二人の男の子のママとして子育てをしながら、子どもの睡眠コンサルタントとして活躍しています。

参考サイト

株式会社 東洋館出版社 プレスリリース(PRTIMES)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >