2019/01/15 18:00

風邪をひくたびに長引く咳症状、なぜ?予防するには?

『咳込んだら温かい飲み物を少しずつ飲ませてください。痰が絡む時は背中をトントンして痰を出させてください。蜂蜜は咳を抑える効果があるので、寝る前にお湯で溶かした蜂蜜を飲ませてみてください。(看護師)』

『大切なのは加湿です。部屋の湿度を50~60%程度に保つようにしましょう。暖かいお茶を飲ませたり、うがいをさせるのも良いでしょう。また、タバコの煙、芳香剤や香水、ハウスダストなどは咳を助長しますので、換気をしたり寝具の清潔を保つようにしましょう。(看護師)』

『なによりも風邪症状が出はじめたら、まずは早期受診をおすすめしています。風邪を引き始めたら、早い段階で治療し、症状を最小限にすることが大切です。(看護師)』

子どもは気道が細いため咳症状が出やすく、炎症が長引くことで気道が過敏になりやすいようです。予防のためには部屋を加湿し、温かい飲み物を飲ませることが提案されています。風邪をひいたら、症状を最小限にするため早めの受診が勧められています。

【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >