2019/02/24 20:00

知っている人もダメ…人見知りの激しい4歳児、大丈夫?

『例えば、人と目が合わない・人に関心がない・話しかけても聞いていないなどの様子はないようですので、発達障害などの心配はなさそうですね。人見知りも性格の一つ・個性の一つと思い、あまり心配しなくてもよいでしょう。小学校に上がっても人見知りが強く挨拶が出来なかったり、友達が少なかったりする子もいます。まだ4歳ですので、焦る必要はないでしょう。(看護師)』

『顔なじみの先生に対して、自ら近づいていけないのも、恥ずかしがり屋・引っ込み思案の性格のせいではないでしょうか?まずは、親が子どもの性格を受け入れ、待ってあげることが大切です。(看護師)』

触れ合いの強要はせず、ママと一緒に輪を広げて

挨拶など人とのコミュニケーションを強要することはストレスになるという指摘がありました。ママと一緒に無理なく交友を広げながら、焦らず見守ってあげるとよいようです。

『ママの後ろに隠れたら、お子さんの手を握って一緒にバイバイしてください。ママが一緒の方が他の方とのコミュニケーションがとりやすいので、ママと一緒に色々な方と触れ合うようにしてください。(看護師)』

『それぞれの性格もありますし、人と触れ合うのが苦手な子もいます。「挨拶は?」などとプレッシャーは与えず見守ってください。気の合うお友達ができたら、途端にコミュニケーションの輪が広がると思います。(看護師)』

『その子が自ら相手に向かっていくこと(挨拶・ハイタッチなど)を周りが強要するとそれが逆効果になり、よりストレスを感じてしまう可能性があります。(看護師)』

『周りはいつも心を開いて待っていること・人見知りをしても責める気持ちはないことを示すことも大切です。担当の先生とも普段の息子さんの様子を共有し合い、対応について話してみると良いでしょう。(看護師)』

人見知りもひとつの個性として受け入れ、待ってあげるという提案がありました。子どもに人とのコミュニケーションを強要するのではなく、親と一緒に無理なく交友を広げられるようにしてあげるとよいようです。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >