2019/02/24 12:00

子宮腺筋症と診断…今後の影響とは?

子宮腺筋症と診断された場合、今後どのような症状が現れるのでしょうか。がんになりやすければ、心配になりますよね。そこで、専門家に相談してみました。

40代女性からの相談:「子宮腺筋症が原因でがんになる?」『現在、女性ホルモンを抑える薬を飲んでいます。先日の定期受診で「子宮が肥大化している」と言われたので、詳しく検査をしたところ子宮腺筋症でした。主治医からはこのまま閉経に向かうので様子見でいいと言われました。子宮腺筋症は今のところ自覚症状もほぼないのですが、これから増殖した場合、考えられる症状はありますか?また、タモキシフェン服用による子宮がんへのリスクについて説明を受けたのですが、子宮腺筋症によりがんになるということはあるのでしょうか?(40代・女性)』

症状は月経痛や月経過多

子宮腺筋症の症状は、強い月経痛や月経過多などです。貧血が起こり、月経時以外に下腹部痛や出血がみられることもあります。

『子宮線筋症は、子宮内膜に似た組織が、子宮筋の中にできてしまう病気です。症状の似ている子宮内膜症や、子宮筋腫を合併していることもあるようです。子宮線筋症の症状としては、強い月経痛、月経量の増加(月経過多)、貧血などが挙げられます。なかには月経時以外にも下腹部痛や腰痛、出血を起こすこともあります。(看護師)』

『子宮腺筋症は女性ホルモンの影響で、子宮内膜に類似した組織が子宮筋の中にできるものです。子宮が肥大したことで見つかる場合も多く、30~50代で病変が大きくなり、子宮内膜症のように生理痛が強かったり・子宮筋腫のような月経過多で貧血になったり・月経以外でも下腹部痛や出血がみられることもあります。(看護師)』

閉経すれば、治療は不要

子宮腺筋症は、女性ホルモンの影響を受けているため、閉経すれば治療の必要はないそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >