2019/08/10 20:00

夏バテ予防に!最強ドリンク“水出し緑茶”の知られざる効能

放置すると病気につながる「夏バテ」とは?

暑さが続くと心配なのが「夏バテ」ですね。夏バテとは、高温多湿な日本の夏の暑さによる体調不良の総称のことをいいます。高温多湿の夏に体が対応できなくなり、何となく体がだるく、疲れが取れにくい日が続いたり、食欲が落ちたりします。夏バテになると免疫力が低下し、夏風邪をひきやすくなるなど、放っておくと病気になる可能性もあるので、要因を知って、予防することが大切です。

夏バテを引き起こす要因は主に4つ

一つ目は「自律神経の乱れ」です。猛暑の屋外から、エアコンで冷えた室内に戻る時などの急激な温度差は体力を消耗し、そのストレスから自律神経がうまく働かなくなってしまいます。自律神経の変調は胃腸の不調や全身の倦怠感、食欲不振を招きます。
二つ目は「睡眠不足」です。夜間も温度が下がりにくい現代では、熱帯夜によって寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなって睡眠不足になることがあります。睡眠不足によって日中の疲労が回復せず、疲れが溜まって夏バテを引き起こします。
三つ目は「高温多湿の環境による発汗の異常」です。高温多湿の環境が続くと、汗の出口周辺が詰まって発汗が困難になることがあり、それによって体温調節がうまくいかなくなります。
四つ目は「水分不足」です。気温が上昇すれば、体温を調節しようと汗をかきます。すると、体内の水分が蒸発するため、喉が渇きます。水分を上手に摂取しないと夏バテを引き起こす可能性があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >