2017/05/13 11:00

子どものマイコプラズマ肺炎の再発を防ぐにはどうすればいい?

マイコプラズマ肺炎は6~12歳の学童期に起こることが多く、治っても繰り返しかかる可能性のある感染症です。マイコプラズマ肺炎に感染したことがある学童期の子どもが、再発を防ぐために出来ることついて専門家に伺いました。

8歳児のパパからの相談:「幼児期にマイコプラズマを繰り返していました。再発を未然に防ぐ方法は?」『娘は3歳~5歳頃まで母親のタバコの煙が原因でマイコプラズマ肺炎にかかり、数種類の薬を服用し良くなったり悪くなったりを繰り返してきました。最近症状はほとんど出なくなりましたが、再発がすごく怖いです。大きくなるにつれて運動量も多くなり、無茶もするので心配です。気をつけることや未然に防ぐための方法はありますか。(30代・男性)』

お子さんの側で喫煙するのは止めて!

マイコプラズマ肺炎を引き起こす原因は病原体なので、喫煙は直接の原因ではありません。しかし喫煙で汚れた空気を吸い込んだり病原体の排出が悪くなると、症状が悪化したり他の肺炎を起こしやすくなります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >