2017/05/13 16:00

マイコプラズマ肺炎で子どもが入院。普通の肺炎との違いを教えて!

マイコプラズマ肺炎は、多くの場合通院治療が可能です。しかし、お子さんの容態によっては、入院を勧められることもあります。マイコプラズマ肺炎と通常の肺炎の違いを専門家に解説してもらいました。

8歳児のママからの相談:「子どもがマイコプラズマ肺炎で入院。普通の肺炎とどう違うの?」『8歳の息子の咳が止まらなくなり熱も38.0℃あったので近所の小児科に行ったところ、肺炎の可能性があり大きな病気を紹介されました。検査でやはり肺炎の可能性があるから入院するようにと言われ、マイコプラズマ肺炎かもしれないと言われました。しかし、説明を聞いても普通の肺炎とマイコプラズマ肺炎の違いがよく分かりませんでした。分かりやすいように教えてください。(30代・女性)』

原因となる病原体が異なる

マイコプラズマと通常の肺炎は、原因となる病原体が違うのでそれに応じて感染経路や症状・好発年齢などが異なります。マイコプラズマは、症状のないうちから人から人に移してしまう特徴があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >