2017/05/15 21:00

授乳時期のお菓子の食べ過ぎで子どもが肥満に?

出産後にママがお菓子ばかりを食べていたとしたら、母乳に何か影響があるのでしょうか。また、母乳を通して将来的に子どもの発育に影響を及ぼす可能性もあるのでしょうか。

ママからの相談:「母乳育児中のお菓子。子どもへの影響が心配です」『子どもは4歳です。今のところ元気に育っていますが、若干太り気味です。母乳での育児中、お腹が減るとお菓子類ばかり食べていました。今でも思い出しては後悔していますが、ご飯よりもお菓子の方が多かったかもしれません。母親が食べた物の栄養素は、母乳に大きく関係するのでしょうか。(30代・女性)』

ママの食事とおっぱいについて

母乳育児中にご飯よりもお菓子ばかりを食べていたというとのことですが、食事内容は母乳にも影響するのでしょうか。

『母乳は、母親の血液から作られるものです。食事の内容や栄養だけでなく、飲酒・喫煙などの生活習慣も当然ながら母乳の質に影響を与えます。(看護師)』

『昔から、ママが食べたものでおっぱいの味が変わると言われています。ママが甘い物を食べると母乳の味も甘くなり、それが習慣になって離乳食が始まっても甘い味を好むようになるとも言われています。ママが脂肪分を多く摂ると血液はドロドロになり、詰まりやすい母乳になってしまいます。(産科婦人科看護師)』

『食べた物が直接母乳になるわけではありませんが、いったん消化された栄養が血液内に流れ出して母乳に影響するとは言えるでしょう。ただし、お菓子を絶対に食べてはいけないわけではありません。極端に摂り過ぎなければ、心配ないでしょう。(産科婦人科看護師)』

『一例ですが、チョコレートのカフェインは食べて2時間も経つと血液中に入り込みます。カフェインは脳内ホルモンに影響を与え、赤ちゃんにも影響すると言われています。また、ママの偏食が強いと子どもがアレルギー体質になりやすいという指摘もあります。(看護師)』

子どもの体型への影響はある?

ママが食べた物の成分が、子どもの味覚や体質に影響を与える可能性はゼロではないようです。では、お菓子ばかり食べていたママの授乳で育った子どもは、将来的に肥満になりやすいのでしょうか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >