2017/05/12 09:42

ボーダレス・ジャパンが『こども手当制度』の導入を開始

子供一人あたり一律最大3万円を支給

「ソーシャルビジネスで世界を変える」ことを目指し「本人・家族・社会・関わる人すべてが幸せな状態になること」を理念として掲げている株式会社ボーダレス・ジャパン(東京都新宿区、代表取締役社長:田口一成)は、2017年度から一人あたり一律最大3万円を支給する「こども手当制度」の導入を開始しました。

「こども手当」支給の経緯

平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査では、子どもの養育費には、生まれてから高校卒業の18歳までに約2,000万円が必要と言われており、子育てにかかる費用は多くの夫婦に家計を圧迫する不安をもたらしている原因になっていることがわかりました。

ボーダレス・ジャパンはこのような現状に対し、社員のこどもが健全に成長し適切な教育を受けることができるように18歳未満の子どもであれば子どもが何人いても一人あたり一律最大”3万円※1″が支給される「こども手当制度」の導入を決定しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >