2017/05/20 13:09

子どもが目をよく擦る場合は注意。さかさまつげの基礎知識

日本人を含めたアジア人は、比較的さかさまつげになりやすいと言われています。子どもに見られるさかさまつげは、まつげが眼球側に生えている睫毛内反の場合が多いようです。今回は、子どものさかさまつげについて解説します。

さかさまつげとは?

本来ならば目に触れるはずのないまつげが、眼球側に向かって生えている状態がさかさまつげです。まつげが内側に向かって生えていると角膜を傷つけるため、様々なトラブルが起こります。一般にさかさまつげと呼ばれる症状は、睫毛乱生(しょうもうらんせい)、睫毛内反(しょうもうないはん)、眼瞼内反(がんけいないはん)に分けられます。

(1)睫毛内反
生まれつきまぶたの皮膚が多く、まつげが内向きに向かって押されて眼球に接触している状態です。

(2)睫毛乱生
数本のまつげが規則正しく生えている列から反れ、眼球の表面をこするように生えている状態を睫毛乱生といいます。まつげの根元付近で炎症が起こる眼瞼緑炎などの病気が原因で起こることが多いです。

(3)眼瞼内反
年を重ねることにより下まぶたの筋肉や皮膚がたるみ、まつげが眼球の表面に触れてしまう状態が眼瞼内反です。高齢者の他、結膜炎を発症した後に起こることもあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >