2017/06/19 15:00

乳幼児に発症する網膜芽細胞腫はどんな病気?

網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)は「目のがん」と呼ばれることもある病気であり、乳幼児に発症します。ここでは、網膜芽細胞腫の基礎知識として知っておきたい特徴的な症状や原因、治療の方向性について解説します。

網膜芽細胞腫の発症率と特徴的な2つの症状

網膜芽細胞腫は、目の奥に広がっている網膜にできる悪性腫瘍です。乳幼児に発症することがある病気として知られ、発症率は15,000?16,000人に1人の割合(※1)と言われています。
網膜は外から入る光を感知して像を結び、脳へ伝える役割があります。カメラに例えると、網膜はフィルムのような位置づけです。

網膜に腫瘍ができると視力が低下しますが、乳幼児は視力の変化に気付きづらいため、親や周囲の人が初めて異変に気付くケースが多いです。網膜芽細胞腫には、特徴的な2つの症状があります。

【白色瞳孔(はくしょくどうこう)】
網膜の腫瘍に光が反射して猫の目のように白く光る。

【斜視(しゃし)】
左右の目の視線(眼球の方向)がずれている状態。

この他、まぶたの腫れや目の充血を伴うことがあります。網膜芽細胞腫の初期症状はほとんどありませんが、進行すると緑内障を起こす可能性がある他、腫瘍が脳に転移して頭痛・嘔吐などの症状が現れることがあります。早期に治療介入することで予後の改善が期待できるため、早期発見が重要です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >