2017/06/19 18:00

子どもにも起こり得る視神経炎とは?

私たちがものを見る際に重要な役割を果たしている視神経。視神経に炎症が起きて、視力の低下や眼の痛みなどが起こる病気が視神経炎です。視神経炎は大人だけでなく子どもにも見られる病気です。今回は、視神経炎の原因や症状、治療法について解説します。

視神経炎ってどんな病気?

眼球の内側には網膜と呼ばれる膜があり、そこに光を受容する視細胞が分布しています。視細胞で受容した光は、視神経によって脳に伝えられることで初めて視覚が生じます。この視神経に炎症が起きて視覚が障害される病気が、視神経炎です。視神経炎には、視神経の眼球側の端の方が赤く腫れる「視神経乳頭炎」と、眼球の裏側に腫れが生じる「球後視神経炎」があります。

視神経炎は一般的には若年から中年の女性に見られることの多い病気ですが、小さな子どもに発症することもあります。特に、インフルエンザや麻疹などのワクチンを接種した後やウイルスに感染した後に発症することが多いと言われています。

視神経炎は、次の症状が見られます。
・急な視力の低下
・視野の中心が欠ける
・目を動かしたとき眼球の奥が痛む

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >