2017/06/27 08:16

長引く咳に要注意、子どもの喘息で気をつけること

近年、喘息を患う子どもが増えていると言われています。喘息と一言で言っても複数の種類があり、「日常生活中では症状がみられないのに実は喘息だった」ということもあります。今回は、喘息の種類やそれぞれの症状、予防方法について解説します。

喘息にも種類がある

喘息は、空気の通り道である気管支が常に炎症を起こしている状態です。炎症を起こしている気管支は大変敏感なため、健康な人なら特に異常も起こらないホコリなどの刺激も喘息発作の引き金となります。

一般的に喘息と呼ばれていますが、原因によって大きく2種類に分けられます。

1つ目は、アレルギーが関係するアトピー型喘息です。ホコリや花粉、ダニ、カビ、その他アレルゲン(アレルギーを起こす原因物質)が体内に入り込んでアレルギー反応を起こすことで起こります。アトピー型喘息の場合、アレルゲンが特定できていれば予防も可能です。

2つ目は、アレルギーが関係しない非アトピー型喘息です。アトピー型喘息のようにアレルゲンが特定できないため、どのような状況で喘息発作が起きたのか注意することが必要となります。非アトピー型喘息には、運動もきっかけに発作が起こる運動性誘発喘息も含まれます。運動により呼吸の回数が増えると、たくさんの冷たく乾燥した空気が気道を冷やして気道の粘膜を刺激します。その結果、気道がむくみ気道が狭くなります。そのため、冬のスポーツに多くみられます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >