2017/05/30 16:00

子どもに多いイボは?

イボは、ウイルスが原因の良性の皮膚疾患です。どの年代にも見られますが、子どもに多く発症する傾向があり、自然軽快することがほとんどです。しかし、放置すると悪化したり他人に感染するおそれがあります。ここでは、手指にできるイボ症状や治療について解説します。

イボはヒトパピローマウイルスが原因

イボにはさまざまな種類がありますが、原因はヒトパピローマウイルス(HPV)です。HPVは約80種類が特定されており、その中でもイボになるものは、HPV1型、2型、4型、27型、29型の5種類です。

子どもは、手指や足のかすり傷からHPVが侵入し感染することが多いため、手足にイボを認めることが多いのですが、全身のどこにでも発症します。HPVはどこにでもいるウイルスで、感染しても発症しないことが多いです。しかし、大人よりも抵抗力の弱い子どもやアトピー性皮膚炎など皮膚バリアが弱い人は発症しやすいです。再発を繰り返す場合は、免疫性疾患が背景に隠れている可能性があります。

手足の指にできるイボは、硬い突起状で直径1cm以下のものがほとんどです。通常は痛みやかゆみがありませんが、よく動かす手や体重のかかる足裏にできると痛みを生じることがあります。接触感染する可能性があるため、感染者および周囲の人は手洗いを徹底するなどの注意が必要です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >