2017/05/30 18:00

子どものウイルス性髄膜炎 背中や首にみられる症状とは?

ウイルス性髄膜炎は無菌性髄膜炎ともいわれ、早期治療が必要な細菌性髄膜炎といかに判別するかが重要です。どちらも乳幼児から学童期までの子どもに好発し、発熱・頭痛・嘔気嘔吐の症状に加えて首のこわばりや首から背中の痛みが特徴的です。ここでは、ウイルス性髄膜炎の症状や治療を背中や首の部位を中心に解説します。

ウイルス性髄膜炎とはどんな病気?

脳や脊髄の神経は髄膜という膜に覆われており、髄膜と脳神経の間は髄液で満たされています。通常は髄膜や脳血液関門などのバリケードにより細菌やウイルスは髄液や脳神経に侵入できませんが、ウイルス感染や細菌感染が重症化すると髄液内に病原体が侵入して髄膜炎を発症することがあります。無菌性髄膜炎には、ウイルス性以外にも薬剤や真菌、癌、ワクチン反応などさまざまな要因があります。

髄膜炎は大人に比べて抵抗力の弱い子どもがかかりやすいですが、感染症などで抵抗力が弱くなった状態であれば大人でも発症することがあります。

症状の特徴は、発熱、吐き気・嘔吐、頭痛が3大徴候とされています。上気道感染や胃腸炎などの感染症と症状が類似しているため、注意が必要です。その他にも、他の感染症同様に首や背中に筋肉痛のような痛みを生じ、首が硬く曲げにくくなることがあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >