2017/06/11 09:00

子どもの食物アレルギーの症状と治療法

子どもに初めて食物を与える際には、アレルギーに気をつけなければなりません。食物アレルギーは新生児の時期から見られるアレルギーです。もしお子さんが食物アレルギーを発症したら、栄養バランスに気を付けながら原因となる食物を除去した食事を与えてあげましょう。今回は、食物アレルギーの症状や対策について解説します。

子どもに見られる食物アレルギー

私たちの体に細菌やウイルスなどの病原体が侵入すると、体内では自らを守るために病原体を攻撃して排除する反応が起こります。この働きを、免疫と言います。しかし、この免疫システムが過剰に働くと、花粉や食物など体に害のない物質にまで反応を起こします。これがアレルギーです。

食物アレルギーとは、特定の食物を摂取することで起こるアレルギーの一種です。食物アレルギーの特徴は、主に腹痛や下痢のように消化器に関連した症状が現れることです。食物アレルギーは、大人が発症することもありますが、消化管の構造や機能が未発達な新生児や乳児に特に多く見られます。乳幼児の食物アレルギーは、1歳で約70%、2歳で約90%が改善すると言われています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >